宇宙天気情報センター NICT
RSS 用語集 English
データ配信サービス リンク集
HOME臨時情報最新の宇宙天気データ宇宙天気予報宇宙天気ニュースお問い合わせ
HOME
現在、ウェブサーバー保守のため、電離圏関係(電波伝搬障害研究プロジェクト)の情報が閲覧できない状態となっております。ご迷惑お掛けいたしますが、保守が終わり次第復旧予定です。
DeskTopViewer( 760 X 260 )
宇宙天気ニュース
宇宙天気情報のメール配信サービス 2016/09/26 15:00 更新
担当 岡島

活動領域2597でCクラスフレアが発生し、太陽活動はやや活発でした。
今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。
太陽風速度はやや低速な350km/s前後から通常速度の400km/s前後へ緩やかに上昇し、太陽風磁場の南北成分が一時かなり強い南向きの状態となったため、地磁気活動は活発でした。
太陽面北半球の西10度付近に位置しているコロナホールの影響が28日から29日にかけて到来し、地磁気が乱れる可能性があります。
今後2日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。


>> つづきを読む(今日の宇宙天気情報)
臨時情報
最新の臨時情報はありません。

>> 臨時情報ページへ
トピックス






宇宙天気ニュース
>> 宇宙天気ニュースを読む


   個人情報の取扱について    お問い合わせ
Copyright ©NICT