宇宙天気情報センター NICT
RSS 用語集 English
データ配信サービス リンク集
HOME臨時情報最新の宇宙天気データ宇宙天気予報宇宙天気ニュースお問い合わせ
HOME
DeskTopViewer( 760 X 260 )
宇宙天気ニュース
宇宙天気情報のメール配信サービス 2014/08/30 15:00 更新
担当 酒井

活動領域2146、2149などでCクラスフレアが数回発生し、太陽活動はやや活発でした。
引き続き今後1日間、太陽活動はやや活発な状態が予想されます。
太陽風速度は通常速度の400km/s前後で推移し、磁場の南北成分が時折強い南向きの状態となったため、地磁気活動はやや活発でした。
29日6時(UT)現在、太陽面南半球の西40度付近に位置しているコロナホールの影響が、31日から9月1日頃にかけて到来し、地磁気がやや乱れる可能性があります。
今後1日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。


>> つづきを読む(今日の宇宙天気情報)
臨時情報
2014/08/29 09:50 更新
担当 川原

27日3時(UT)頃に発生した緩始型地磁気嵐は、28日21時(UT)頃に終了しました。


>> つづきを読む

>> 臨時情報ページへ
トピックス






宇宙天気ニュース
>> 宇宙天気ニュースを読む


   個人情報の取扱について    お問い合わせ
Copyright ©NICT