宇宙天気情報センター NICT
RSS 用語集 English
データ配信サービス リンク集
HOME臨時情報最新の宇宙天気データ宇宙天気予報宇宙天気ニュースお問い合わせ
HOME >> データ配信サービス >> 日報内容(宇宙天気情報)
宇宙天気情報BOX
最新状況 (06:53)
昨日、C1.8の小規模フレアが発生しています。
太陽風は速度、南向き磁場ともに静かです。
磁気圏の最新データがありません。
放射線帯電子がやや強くなっています。太陽放射線は静穏です。

フレア (GOES)
発生日 JST 検出
12/ 6 --- ---
12/ 5 14:56 C1.2
02:33 C1.8
12/ 4 16:04 C1.2
11:46 C1.1

太陽風 (ACE)
時刻
JST
速度
km/s
南北磁場
nT
06:47 340 +0.6
-2 h 335 -1.3
-4 h 337 +0.0
-6 h 328 -2.1
-8 h 313 -1.8
-10 h 308 +0.7
-12 h 297 +4.4

磁気圏 (NICT)
時刻
JST
環電流
nT
06:30 - -/ -
-2 h - -/ -
-4 h - -/ -
-6 h - -/ -
-8 h - -/ -
-10 h - -/ -
-12 h - -/ -

放射線 (GOES)
時刻
JST
プロトン
10MeV
電子
2MeV
最新 0.2 3x10^3
12/ 6 0.3 4x10^3
12/ 5 0.5 1x10^4
12/ 4 0.4 1x10^4
12/ 3 0.4 1x10^4
12/ 2 0.4 2x10^4

静か 激しい 非常に


















リアルタイムデータ
27日周期 (NICT)
短期太陽風電子
太陽黒点 (SOHO)
太陽X線 (GOES)
活動領域 (NASA)
EIT284 (SOHO)
EIT195 (SOHO)
LASCO C2 (SOHO)
LASCO C3 (SOHO)
STEREO (STEREO)
太陽風 1日 (ACE)
太陽風 7日 (ACE)
セクター構造 (NICT)
太陽放射線 (GOES)
衛星磁場 (GOES)
衛星電子 (GOES)
衛星環境 (GOES)
Dst予測 (NICT)
イオノグラム(NICT)
イオノグラムサマリー(NICT)
TECマップ(NICT)
Pc5指数と太陽風速度(九大SERC)
データ配信サービス
日報 (今日の宇宙天気情報)

【NICT 今日の宇宙天気情報(日報:2016年12月05日 15時00分 (JST))】

 この情報は、毎日午後4時ごろ最新のものに更新されます。
 世界各地の観測データを元に、情報通信研究機構での観測等も加味して決定された、その日の太陽活動や地磁気活動の情報によって構成され、これらの情報から地球の周りの宇宙空間で今何が起きているかを知ることができます。

担当: 酒井
-------------------------------------------------

概況・予報

活動領域2615でCクラスフレアが数回発生し、太陽活動はやや活発でした。
今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。
太陽風速度はかなり低速な280km/s前後で推移し、地磁気活動は静穏でした。
太陽面南半球の子午線付近に位置しているコロナホールの影響が8日から9日にかけて到来し、地磁気がやや乱れる可能性があります。
引き続き今後3日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。

------------------------------------------------

太陽活動

太陽活動はやや活発でした。
活動領域2615でCクラスフレアが数回発生し、最大のものは、4日17時35分(UT)に発生したC1.8/SFフレアでした。

活動領域2612は、面積がやや減少しました。
活動領域2614、2616が、衰退しました。

STEREO探査機の極端紫外線画像(EUVI)によると、本日から明日にかけて太陽面の東端から新たに回り込む活動的な領域はありません。

5日6時(UT)現在、太陽面にある各活動領域は小規模で単純な磁場構造をしており、概ね静穏な状態にあると推測されます。
今後1日間、太陽活動は静穏な状態が予想されます。

■本日/昨日における活動領域(黒点群)
2612  N09W75   20/ 70   2/ 4  Cao/Dao  β/β
2615  S07W20  170/140  15/14  Dai/Dai  β/β

■過去3日間に大きなフレアの発生はありませんでした。

(注)フレア
・太陽面で発生する爆発的なエネルギー解放現象。
・SDO衛星の極端紫外線カメラ画像及びGOES衛星のX線カメラ画像にて発生の様子が確認できる。
・GOES衛星のX線観測において発生したフレアの最大値により小規模なものからA・B・C・M・Xの順にクラス分けされている。(GOES衛星のX線観測データ参照)

(注)Long Duration Event(LDE)フレア(継続時間の長いX線フレア)
・発生したフレアのX線フラックスが最大から半分になるまでに30分以上かかったフレアのこと。

(参考データ)
GOES衛星の太陽X線データ
http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-x-ray-flux

太陽画像サマリー(STEREO探査機のサイト)
http://stereo-ssc.nascom.nasa.gov/beacon/beacon_secchi.shtml

NOAA/SWPCによる最新のフレアリスト
ftp://ftp.swpc.noaa.gov/pub/indices/events/events.txt
ftp://ftp.swpc.noaa.gov/pub/indices/events/yesterday.txt

ひので衛星による太陽面画像データ(X線画像、可視光部分画像)
http://hinode.nao.ac.jp/latest/

------------------------------------------------

地磁気活動

地磁気活動は静穏でした。
太陽風速度はかなり低速な280km/s前後で推移しました。
この間、太陽風の磁場強度は弱い3nT前後で推移し、地磁気に大きな乱れはありませんでした。

SOHO探査機の太陽コロナ画像(LASCO)とSTEREO探査機の太陽コロナ画像(COR)によると、今後の地磁気に大きな影響を与えるCME(コロナ質量放出)は新たに観測されていません。

SDO衛星の極端紫外線の画像(AIA211)によると、太陽面南半球の西45度付近をコロナホールが通過しました。
今後、このコロナホールによる地磁気への大きな影響はない見込みです。
また、太陽面南半球の子午線付近にコロナホールが位置しています。
このコロナホールの影響が8日から9日にかけて到来し、地磁気がやや乱れる可能性があります。

引き続き今後3日間、地磁気活動は静穏な状態が予想されます。

(参考データ)
DSCOVR探査機による太陽風観測
http://www.swpc.noaa.gov/products/real-time-solar-wind

(注)DSCOVR探査機の太陽風観測データと地磁気への影響
・DSCOVR探査機は太陽と地球の引力がつりあうラグランジュ点(L1)の近くで、太陽風を観測します。
このラグランジュ点を通過した太陽風は約1時間後に地球に到来しますので、DSCOVR探査機は太陽風の乱れを地球に到来する約1時間前に見つけることができます。
・太陽風の速度(紫色)及び磁場強度(黒色)が高い程、地磁気への影響が大きくなる。
・磁場の南北成分(赤色)が南寄り(−方向)となった際に、地磁気への影響が出やすい。
( )表示はDSCOVR探査機の太陽風観測データにおけるプロットの色

------------------------------------------------

プロトン現象

静止軌道の10MeV以上のプロトン粒子フラックスは、1[個/cm^2/sec/sr]未満の静穏レベルで推移しました。

(参考データ)
GOES衛星 高エネルギー粒子
http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-proton-flux

------------------------------------------------

高エネルギー電子

静止軌道の2MeV以上の高エネルギー電子フラックスの24時間フルエンスは、4.12×10^8[個/cm^2/sr]の高いレベルでした。
今後1日間、高エネルギー電子フルエンスは下降しやや高い状態が予想されます。

(参考データ)
GOES衛星 高エネルギー電子
http://seg-web.nict.go.jp/goes-electrons
http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux

------------------------------------------------

電離層

臨界周波数8MHzを超える強いスポラディックE層(注1)の発生は、確認されていません。

F層臨界周波数は、概ね静穏でした。
※山川(鹿児島)と大宜味(沖縄)は、データが確認できない状態となっています。

日本上空の全電子数(TEC)は、概ね静穏でした。

引き続き今後1日間、地磁気に大きな乱れは無く、電離圏も概ね静穏な状態が予想されます。

日本上空でデリンジャー現象の発生は確認されませんでした。
引き続き今後1日間、デリンジャー現象は発生しないと予想されます。

※時間帯の記述は日本時間(UT+09時間)です。

(注1)スポラディックE層
・日本付近では夏期に突発的に高度100km付近に現れる電子密度の高い層。
・通常の電離層では反射されない高い周波数の電波を反射する。

デリンジャー現象及び短波伝搬状態の週間予報です。(発令日:12月2日)
<   日付   >  3  4  5  6  7  8  9
<デリンジャー現象>  0  0  0  0  0  0  0
< 短波伝搬状態 >  4  4  4  4  4  4  4

【解説】
・発令日翌日から7日間の予報です。それぞれ左から順に日付と対応した予報となっております。
・デリンジャー現象の予報
 0=ないでしょう・・・・・・30%未満
 1=ややあるでしょう・・・・・・30〜50%未満
 2=かなりあるでしょう・・・・・・50%以上
・短波伝搬状態の予報
 5=極めて静穏
 4=概して静穏
 3=やや不安定
 2=不安定
 1=非常に不安定

(参考データ)
NICT 電波伝搬障害研究プロジェクト
(電離圏概況等のリアルタイム速報など)
http://wdc.nict.go.jp/IONO/index.html
※電離圏観測はシステムメンテナンス作業等に伴いデータ更新に不定期な遅延を生じる場合があります。

------------------------------------------------

活動度指数

活動度の指数です。
12月04日の太陽黒点相対数(NOAA/SWPC)は、37、11月の月平均値(ブリュッセル)は、21でした。
12月04日の太陽黒点総面積は、190でした。
12月04日のf10.7は、82でした。
12月04日の地磁気K指数合計は、4、最大のK指数は、1でした。
短波伝搬を予測するための、12月と、1月と、2月の太陽黒点相対数(ブリュッセル)の予測値は、それぞれ29、27、26です。

------------------------------------------------

お知らせ

特にありません。




 


   個人情報の取扱について    お問い合わせ
Copyright ©NICT