宇宙天気情報センター NICT
RSS 用語集 English
データ配信サービス リンク集
HOME臨時情報最新の宇宙天気データ宇宙天気予報宇宙天気ニュースお問い合わせ
HOME >> 宇宙天気予報
宇宙天気情報BOX
最新状況 (11:23)
太陽フレアは静かです。
太陽風の速度がやや高くなっています。
磁気圏は静かです。
太陽放射線と放射線帯電子はともに静穏です。

フレア (GOES)
発生日 JST 検出
8/25 --- ---
8/24 --- ---
8/23 --- ---

太陽風 (ACE)
時刻
JST
速度
km/s
南北磁場
nT
07:27 532 -0.4
-2 h 532 -2.3
-4 h 513 +1.2
-6 h 515 +0.1
-8 h 534 -0.1
-10 h - -
-12 h - -

磁気圏 (NICT)
時刻
JST
環電流
nT
11:30 0 -/ -
-2 h 0 -/ -
-4 h 0 -/ -
-6 h 0 -/ -
-8 h 0 -/ -
-10 h 0 -/ -
-12 h 0 -/ -

放射線 (GOES)
時刻
JST
プロトン
10MeV
電子
2MeV
最新 0.1 6x10^2
8/25 0.4 9x10^2
8/24 0.3 1x10^2
8/23 0.4 3x10^2
8/22 0.4 1x10^3
8/21 0.3 7x10^2

静か 激しい 非常に


















リアルタイムデータ
27日周期 (NICT)
短期太陽風電子
太陽黒点 (SOHO)
太陽X線 (GOES)
活動領域 (NASA)
EIT284 (SOHO)
EIT195 (SOHO)
LASCO C2 (SOHO)
LASCO C3 (SOHO)
STEREO (STEREO)
太陽風 1日 (ACE)
太陽風 7日 (ACE)
セクター構造 (NICT)
太陽放射線 (GOES)
衛星磁場 (GOES)
衛星電子 (GOES)
衛星環境 (GOES)
Dst予測 (NICT)
AE指数 (NICT)
Dst (京都大学)
NICT磁力計 (NICT)

イオノグラム(NICT)
イオノグラムサマリー(NICT)
TECマップ(NICT)
Pc5指数と太陽風速度(九大SERC)
宇宙天気予報
自動更新を選択すると、10分毎にページがリロードされます。→ 手動更新 自動更新

X線フラックス

プロトンフラックス

高エネルギー電子

Bz/|B| (nT)

セクタ

速度(km/s)

密度(p/cc)

マグネトポーズ(Re)

マッハ数

A 8.67

2.01e-01

4.18e+02

no data/no data

no data

no data

no data

no data


宇宙天気予報 予報期間:日本時間の午後3時から翌日の午後3時までの24時間  
   静 穏    静 穏    静 穏



○本日の予報(毎日更新)

○一週間の予報(火曜日と金曜日に更新)

○各国の宇宙天気予報センターの予報

○予報の精度について

○NOAA/SWPC宇宙天気スケールについて
1.年毎のRスケールの発生について
2.年毎のSスケールの発生について
3.年毎のGスケールの発生について

○過去の大きな黒点群について
○年毎のフレア発生数について
○過去の大きなフレアについて

○過去の大きな地磁気嵐について( Dst指数によるもの aa指数によるもの
○過去の大きな太陽高エネルギー粒子現象について
○年毎のGLEの発生について

○宇宙天気の影響の例について

(注1)静止衛星の軌道は、地球中心から地球半径Re(6,378km)の6.6倍の距離。
(注2)|B|は太陽風の磁場強度、Bzは太陽風磁場の南北成分。Bzがマイナスの状態が長く続くと地磁気擾乱が発生しやすくなる。
(注3)太陽風の流れは超音速(上の表のマッハ数を参照)。
(注4)静止軌道における高エネルギー電子(2MeV以上)のフラックスの状況は、「静穏(10**3未満、緑色)」、「やや高い(10**3以上10**4未満、黄色)」、「高い(10**4以上10**5未満、赤色)」、「非常に高い(10**5以上、赤色)」と定義。


○ACEデータ
○GOES衛星環境データ(磁場等)
○気象庁地磁気観測所柿岡K指数

予報についての説明

予報期間は、日本時間の午後3時から翌日の午後3時までの24時間

フレア予報 説 明
静穏(Quiet) Cクラスフレアの発生確率が50%未満。
やや活発(Eruptive) Cクラスフレアの発生確率が50%以上。
活発(Active) Mクラスフレアの発生確率が50%以上。
非常に活発(Major Flares) Xクラスフレアの発生確率が50%以上。

地磁気予報 説 明
静穏(Quiet) 地磁気K指数が4未満の静穏な状態が期待される。
やや活発(Active) 地磁気K指数4の現象が期待される。
活発(Mainor storm) 地磁気K指数5の現象が期待される。
非常に活発(Major storm) 地磁気K指数6の現象が期待される。

高エネルギー粒子の予報 説 明
静穏(Quiet) 現象の発生していない静穏な状態。
現象発生中(Event in progress) 10MeV以上のエネルギーのプロトン粒子が10PFU以上の現象が進行中。
強い現象発生(Major proton event) 100MeV以上のエネルギーのプロトン粒子が100PFU以上の現象が期待される。




 


   個人情報の取扱について    お問い合わせ
Copyright ©NICT